生理痛でお困りの方は漢方診療の白樺通りクリニックにお気軽にご来院ください。

漢方診療・内科循環器科「白樺通りクリニック|北海道江別市野幌若葉町40-11|011-383-7111
漢方診療「白樺通りクリニック」TOPに移動トピックスに移動院長ご挨拶に移動診療内容に移動院内施設に移動漢方についてに移動アクセスに移動
現在地:[白樺通りクリニック]トップページトピックス

漢方診療・内科循環器科「白樺通りクリニック」-トピックス

検査では異常のみつからない冷え/冷え症
更年期障害と漢方
生理痛等によく用いられる桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遙散といった
  漢方薬は女性専用の漢方薬?

漢方で使用される生薬“陳皮”のお話
 
生理痛で用いられる漢方薬の原材料イメージ

生理痛等によく用いられる桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遙散といった
  漢方薬は女性専用の漢方薬か?


この3つの漢方薬は女性専用の漢方薬と思われがちですが、本当にそうでしょうか?
女性は生理(月経)、つまり出血にまつわるトラブル...生理痛、のぼせ、ほてり、むくみ等の身体の変調や、イライラ、気分が落ち込む等の精神症状...が多いことからこの3つの漢方薬がよく用いられるのだと思われます。
東洋/中医学的にみると血...東洋/中医学では血を“けつ”と呼びます...の異常には血の流れが停滞した状態(血瘀:けつお)と、血の不足した状態(血虚:けっきょ)等があります。
気や血がスムーズに流れなくなると痛みが生じるので、生理の際には生理痛、頭痛など身体各所に痛みが発生します。

加味逍遙散(かみしょうようさん)には血虚を改善する生薬が含まれてはいますが全体の構成をみると血の異常よりも、気の異常に用いられる漢方薬です。
例えばイライラ、ゆううつなどの精神症状、のぼせ、ほてり、のどの渇き、寝汗、胸~脇腹の痛みや脹る感じ等の症状、または精神的ストレスが原因の腹痛、下痢などを改善します。
こういった症状があれば男女問わず加味逍遙散(かみしょうようさん)が用いられます。
女性の場合ですと生理前のイライラ(月経前緊張症)によく用いられますが、生理中であっても、または更年期にこのような症状があれば適用となります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は血瘀(血の流れが停滞した状態)による痛みや冷えを改善する漢方薬です。例えば肩こり、静脈瘤、打撲による血腫などに用いられます。
女性の場合ですと生理痛、または更年期障害による冷えのぼせや、いらいら等の症状を改善します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)はむくみを伴う血虚(血の不足した状態)を改善する漢方薬です。例えば皮膚のカサカサ、眼のかすみ、むくみ、頭が重い、下痢等の症状があれば男女問わず用いられます。
女性の場合ですと生理痛、冷え、出血量が少ない、月経の遅れなどの改善に効果があります。

このように、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)は生理痛や更年期障害など女性だけに用いられるのではなく、男女問わず用いられる漢方薬です。

Copyright (C) 2011 白樺通りクリニック All rights reserved.